top of page

歯科技工チタンクラウンの金属アレルギーについて(チタンクラウン、歯科技工、金属アレルギー、金属イオン、メタルクラウン、チタン)

更新日:2023年6月26日

【 チタン は金属アレルギーになりにくい】らしい


そもそも、金属アレルギーの原因は、溶け出した金属イオンが原因とされています

人間の汗や体液によって腐食した金属が溶け出し、その金属イオンが原因になって発症するそうです


人間の体液というのは、一種の強力な酸で金属すら溶かすんですね


そんなことない…と、言う方

金属を舐めて味を感じたことはありませんか?

実はこれが 金属イオン の味だそうです


そして歯科技工に使われるチタンは★合金★です

含まれる内容物は窒素、炭素、鉄が0.2%以下、でアルミ、バナジウムが6%以下、その他がチタンになります(製造メーカーによって内容物が変わります)


単純にチタンは強力な酸化膜を形成するので、イオンの流出防ぐのですが

含有している合金は違います。なので、絶対安心とはいきません


なので、【なりません】とは表記せず【なりにくい】になるんですね。ちなみに、金の メタルクラウン も同じ合金です


ただ、

インプラントのフィクスチャー、アバットメントにも使われているので

安全ではありますが、絶対ではないと言うことです


チタンクラウン、歯科技工、金属アレルギー、金属イオン、メタルクラウン、チタン


金属アレルギーになりにくい金属冠、チタンクラウン
チタンクラウン、ブリッジ

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page